ホンダツインカム TC1000走行会のログデータとか

<自分>


<菊地靖選手>



車載カメラとGPSロガーを忍ばせておいた堂々と付けてあったので見比べてみました。

log1.jpg

Lap+で見比べるとライン取りはこんな感じでした。
ヘアピンと最終のラインがちょっと(?)違いますかね?
どうしても近道をしたくなってしまいます・・・(^^;

log2.jpg

菊地選手の車載で一番違うのは最終を3速で回ってるところなんですが、
①ブレーキングでシフトダウンが要らないから楽チン
②立ち上がってすぐにシフトアップしなくていいから楽チン
ってことで次回は3速を試してみたいと思います。

同乗してるときは2速を使って最終を回ってたんですが、
タイム出しで3速に変えてる辺り、プロはもっと柔軟に考えて走らせてるんだナと思いましたねハイ。

あと、私はシフトする回転数がちょっと低いですね。
7000しか回らないけど7000までちゃんと回した方が良さそうです(-_-;)

1-2コーナーの差は怖くて踏めないので詰められません(ぉ

log3.jpg


log4.jpg

全ての走行枠の区間ベストを集めたスーパー仮想ベストなら
なんとか同乗走行含めて計測5周しかしてない菊地靖選手タイムに追いつけるので精進します!

ホンダツインカム TC1000走行会

DSC_2380.jpg

ホンダツインカム走行会に参加してきました。

・・・マツダ車ですけど。

今回は15分×6本と特盛仕様でした(?)



今回のベストは43秒510でした。
ノーマル+車高調程度の仕様ですが、冬場なら42秒台が十分に狙えるタイムが出たので満足ですw


今回は菊地靖選手に同乗走行と単独走行でのタイム出しをお願いいたしました。



同乗含め計測4周目にサラっと43秒286を出してもらいましたw
やっぱりプロは初めて乗った車でも速いんですね~

見比べると私はラインが小回りすぎますかね・・・( ˘ω˘ )
もっと大回り方が立ち上がりが楽チンになって直線で稼ぎやすいのかもしれません。

車の方はテールの流れ出しが穏やかで良さげ的なことを言われました。
納車直後の乗り味はとてもアレでしたが、色々やった甲斐がありましたw

ロガーの方もチェックしなければ・・・(;´・ω・)

本庄サーキット走ってきた

夏休み中、どこも走りに行かないのもな~ってことで
ないじぇる走行会 本庄サーキットに参加してきました。

DSC_2174.jpg

怪しいグレーのインテグラも一緒ですw

朝まで雨が残っていてあいにくのコンディションでした。
そんな中、ケンダのKR20Aを履いて走るのは不安がありましたが
ポテンザRE-71R(1部山)を2本借りることができましたw

DSC_2175.jpg

ホントはインテのフロント用に持ってきたそうですが、
ロックナットを忘れて履き替えが出来ないそうなのでお借りしましたwww

リアだけでもちゃんとしたタイヤを履いとけば死ななくて済むだろうってことでリアに履かせて走行に。

幸い、雨は走行直前に止み、ドリフト併催の走行会のため2本目を走る頃にはドライになってましたw



今回、雨で危ないってことで2ヘアと最終は内側を通るコースを使いました。
そのおかげで45秒台のスーパーラップが出ておりますwww
それとリアだけ借り物71Rなのでアクセルを入れるとどんどんフロントが逃げていきますwww
やっぱり前後同じ銘柄じゃないと温まり方もタレ方も違うのでダメですねwww


ないじぇる走行会は今回が初参加でしたが、グリップ枠の最後の1本はレース形式になってました。
うっかり速い方枠の6番手スタートになってしまい、うっかりスタートで隣のカプチーノを抜いて5位でした。



ドリフト枠直後で2ヘアと最終はタイヤカスだらけな上、
直前の走行から2時間空いたのでタイヤも食わなくてとてもアレでしたw

2017_08_14 16_16 Office Lens
最初の数周は冷えた71Rの食わなさとタイヤカスで遅く、
これ以上周回数が多いとフロントのKR20Aがダメになるって感じですかね。
段々路面がきれいになるのでちょっとずつタイムが上がっていきますw

2017_08_14 16_17 Office Lens

カプチーノって速いんですね・・・(^^;


というわけで、

DSC_2181.jpg

借り物のタイヤをボロボロにした挙句、インテをちょっと差で抑えるという人のふんどしでナントやら状態でした。
すいやせん!!!

NCロードスターにRX-8のサスペンションアームを流用するはなし

短いRX-8に長いロードスター用のサスペンションアームが付くという噂を聞いて試しに買ってみました。
ヤフオク!で10本5000円でした。余りにも安いので材料費分くらいかもしれません(適当

前々からとっても剛性感に乏しいへにょへにょな走りがウーンな感じでして、
フロントにニーレックスのナックルサポートを入れたらシャキっとしたので、
後ろも同じように補強すればなんとかなるかな~と思っていました。


遥か昔にEG1と言う車に乗っていた頃・・・、
どこぞのEK4フェリオを借りて乗ったときに
『アレっ!?このステアリングを通して伝わってくる手ごたえの違いはなんだろう』
と感じたことがあったんです。
EGとEKなんて似たようなもんだと思ってましたが、
実際は路面からのインフォメーションの多さに大きな違いがあったように思います。
アレは多分、サスペンションメンバーやアーム類の造りの違いだと思うんですよね。


ということで車重が重いRX-8からアームを流用すれば
なんか良くなるんじゃねーかなってことで早速取り付けです!

DSC_2015.jpg

いきなり全部やるのも勇気が出なかったのでまずはトーコンアームから。

DSC_2017.jpg

ナックルの前方からメンバーの前方へ伸びるアームです。

DSC_2023.jpg

写真上がプーラーでブーツをブチ破りながら取り外したロードスター純正、
下がRX-8純正です。

ブッシュが大きく、ナックル側もちょっと太くなってます。

DSC_2036.jpg

ハイ、付きました(作業中の写真を撮れ


んで、試走したら何か良さげだったので全部付けることにしました(安易

DSC_2075.jpg

マルチリンクはアーームが多いからクソだなって思います(残り8本

20604440_249348295578866_6027373151558212184_n.jpg

子どもが寝てからじゃないとなかなか作業できませんが・・・(^^;
なんとか交換しまして・・・(※エアツールは近所迷惑なので昼間使いましょう)

DGmSPIWVwAAhrpW.jpg

写真で見ても分かりませんが、モノに依っては太くなってたりします。

DGmSOapV0AAtb1o.jpg

・・・。

大変うっかりなんですが、購入したRX-8のアームにはヘッドライトレベライザーのセンサを付けるステーがありませんでした。
チドリか何かで適当に作ろうと思います。


で、早速試走した結果・・・。

なんかすごく良さげです(語彙力の欠如


フロントにナックルサポートを入れた時は
ナックル周りの強度の無さからくるブルブル感やインフォメーションの乏しさが改善されましたが、
同様にリアもブルブル感が減ってリアタイヤの接地感が良く分かるようになりました。

例えば、カーブの途中に舗装の継ぎ目が有ったりするとリアタイヤの接地が変化して
車の行先がブレるようなことがありましたが、気にならないレベルまでよくなりました。
車の動きが分かりやすいと運転も楽しくなりますね。

またそのうち、サーキットに行ったりして様子をうかがってみたいと思います。



ということで、本当はRX-8のアームは後期じゃないと流用出来ないっていうような話もあるようなので
くれぐれも流用は自己責任でお願いいたします<(_ _)>

乗降性の向上を主目的とした懸架装置の変更

DSC_1935.jpg

車高が高くて気に入らないので もうちょっとフロアが低ければ子どももおばあちゃんんも乗り降りが楽チンなのにな~ってことで
ローダウンスプリングを取り付けてみました。

購入したのはTEINのHIGH TECHという製品です。
いくつかのメーカーからRP3ステップワゴン用のダウンサスがリリースされていますが、
TEIN製のものが一番低めのレート設定(=純正に近い)なので
乗り心地への影響が最小限で純正ダンパーとのマッチングも良いのかな~と思いまして。


ちなみに作業前の車高はこんなもんです。

DSC_1930.jpg

DSC_1929.jpg

車高が高いのでタイヤをチョップすることが可能です。



まずはフロントから作業します。

車はデカいですがフロントストラット、リアトーションビームなので楽チン作業のハズですw

DSC_1931.jpg

写真は左フロントです。
ABSのハーネス、ブレーキホースを外しておきます。
左フロントにはヘッドライトレベライザーのセンサも付いているので忘れずに外します。

DSC_1932.jpg

そういえばダンパーの取り付け部は19mm、スタビリンクの取り付け部は17mmの頭でした。
EKシビックよりもそれぞれ大きいのでボルトも太くなってるのかな~?



そういえば今回、

DSC_1936.jpg DSC_1938.jpg

エアツールを導入したので作業が大変楽チンになりましたwww
アストロプロダクツの静音、オイルレスタイプのコンプレッサーが安売りになっていたもので・・・w

さすがは静音タイプと言うだけあってコンプレッサーが回っていても音が全然気になりません。
・・・まぁ、インパクトレンチの方がクソうるさいわけですけど。



ミニバンの足回り作業と言うと、ワイパー周りをバラすのが面倒だな~と思っていたんですが、
ステップワゴンはカウルトップに設けられたフタを外すとそのまま作業可能でした。

DSC_1922.jpg

DSC_1937.jpg

こんな感じでライトと首振りギアレンチ(って言うのかな?)があると大変良さげです。
写真は助手席側ですが、運転席側はワイパーのリンクがあるので腕が入りにくいです。

上下がフリーになったショックはタイロッド側から抜けました。

DSC_1941.jpg

バンプラバーを200mmほどカットし、バネ交換をしてから戻しました。
純正スプリングは結構な量のプリが掛かってたので、長めのスプリングコンプレッサーがあると良いです。


続いてリアの作業。

DSC_1942.jpg

フロント同様にABSハーネスとブレーキホースをビームから外しておきます。
左リアはヘッドライトレベライザーのセンサがあるので外しておきましょう。

DSC_1944.jpg

ショック下側のボルトを抜いたらビームを押しバネを抜きます。

DSC_1946.jpg

写真は取り付けてるところですけど(^^;
リアはフロントと比べると楽チンですが、スプリングがなかなか抜けなくて大変でした。

DSC_1947.jpg

新しいバネを入れたらあとは戻すだけです。



というわけで、ダウンサス組み付け後の車高はこんな感じです。

DSC_1948.jpg

DSC_1949.jpg

ダウン量はフロント40mm、リア30mmtってことですが、おおむねその通りです。

DSC_1972.jpg

DSC_1973.jpg

DSC_1974.jpg

DSC_1978.jpg

乗り心地はノーマルとあまり変わりなく、乗り降りはとっても楽チンになりました!w
見た目もフェンダーとタイヤ/ホイールが同心円になるくらいの車高でちょうどいいですね。


車高調よりはお安いんですが、取り付けが車高調より面倒なのが難点ですね~