TC1000走行会

プロアイズ主催TC1000走行会に行ってきました。


絶好の走行会日和です。

DSC_1373.jpg



あまりにも天気がいいので、パドックのすみっこで洗車をしたくなっちゃいました。

DSC_1374.jpg

上から順番に下へ向かって・・・

DSC_1375.jpg

タイヤハウスの内側に付着した土はちゃんと落としておきましょう。

DSC_1377.jpg

もちろん反対側も忘れずに。

DSC_1379.jpg



というわけで初・雨FRでした。



車が悪いかタイヤが悪いか運転手が悪いかわかりませんがとっても難しかったです。

たぶん全部アレです(((


スイスポの乗り心地がとてもアレなのでなんとかしたはなし

納車以来ずっと付いて回るスイスポの乗り心地アレ問題()ですが、

・・・いや、そんなの気にするならスポーツを買うなって話ですがw

RSRのダウンサスなんか組んでるからダメなんだろ~ってことでダウンサスを捨ててみました。


純正バネなんてとっくの昔に捨ててしまったので、まず純正バネを買います。

DSC_1341.jpg

左が今まで使っていたZC21S用モンローオリジナル、右がZC32S純正です。

Z C 3 2 S 用


リアは新型用がポン付けらしいという噂を聞いてZC32S純正を買ってみました。


先にオチを言っておきますがフロントは付きません。

もう一回言います。



フ ロ ン ト は 付 き ま せ ん 。


リアはポン付けなので割愛します(死


フロントのショックを並べてみました。

DSC_1343.jpg

真ん中はZC21S用。左右にあるのがZC32S用です。

DSC_1345.jpg

右寄りに置いてある2本を見ると付きそうな感じがしますよね。

スタビリンクの取り付け点(高さ)がちょっと違う、ブレーキホースとABSハーネスの位置は似てるかな?
と言った感じに見えるんですが、
向かって左の21用は右フロント用のショック、向かって右の32用は左フロント用のショックなのです。

右フロント用を並べるとこの通り。

DSC_1344.jpg

全然違いますね・・・。


ZC31Sの足回りを見てみると・・・、

DSC_1357.jpg

進行方向側にブレーキキャリパーが付いていて、ブレーキホースとABSのハーネスはショックの車両後方側を通ってます。
スタビは車両前方に付いてますね。

ZC32Sはこの辺のレイアウトが異なります(参考画像はその辺にあるので探してください



じゃあショックを左右逆に取り付ければいいんだろ~~って取り付けてみたら、

DSC_1346.jpg

なんだかとってもポジキャンに・・・。
何か間違えたかな・・・ってことで21用ショックに32のバネを組みました。

DSC_1355.jpg

32用ショックはゴミと化してしまいます・・・。

DSC_1356.jpg

そういえば、フロントのバンプストッパーの材質は31と32で全然違うんですが、何か狙いがあるんですかねコレ。


というわけでショック・バネ交換は無事終わりました。

DSC05555.jpg

車高がとても高くなりましたwww
まぁ、今はもっぱらおばあちゃんが孫を乗せて移動するための車ですし、こんなもんでw

DSC05554.jpg

ホイールも32純正17インチから16インチへ交換しました。

ホイールはブリヂストンのダウンヒルスペシャルです
見た目と名前に反してホイールが重いのがナントモ言えませんが、
頑丈なのが一番だということでw

これでまたしばらくは孫乗せ車として活躍してくれることでしょう・・・。

ロードスターのブレーキパッド交換

先日の車高調購入と1歳児~対応のチャイルドシートをYahoo!ショッピングで購入し、
Tポイントがガッツリ付いたのでロードスターのブレーキパッドを買いましたw

p1.jpg

スポーティな割にお安い価格設定のDIXCEL Extra Speedです。
EK9やJA4に乗っていた頃に使っていました。たぶん4,5年振りですねw

Tポイントのおかげで2000円ちょっとでしたwww
ポイント10倍の店舗で買い物したり、ポイント5倍デーに車高調を買ったりした甲斐がありました(((


サクサクっと換えまして・・・、

p2.jpg

リアキャリパーのピストン戻しツールを持ってないので適当にアレしました(割愛

こないだまで乗ってた車、リアドラムでしたしねw


首都高を流れに乗ってひとまわりして当たり具合を確認・・・。

p4.jpg

p3.jpg

交換前はリアの当たり方が良くないようでしたが、問題はなさそうですね。
特にスライドピンの動きが悪いわけでも無かったので、キャリパーはしばらくそのままで良いってことにしたいと思います。

ローターは次回パッド交換時に交換ですね~。

ロードスターのアライメント調整

先日の車高調交換で取り外したTEIN車高調、ラルグスの下取り1万円キャンペーンに出したところ、
すぐに1万円が戻ってきたので鳩ケ谷のKTSにアライメントに出しました。

そうです、KTSのアライメント調整料金は1万円なのですw

DSC_1307.jpg

webで空き状況を確認して当日朝電話予約する迷惑な客ですハイ。

時間通りに作業が始まり・・・

DSC_1308.jpg

大体1時間くらいで作業終了。


DSC_1319.jpg

キャンバー、どれくらいがいいかよくわからないので適当でw
キャスター多め、フロントトーゼロ・リアちょいインでお願いしました。

元々もヘンテコな数値ではなかったようですがあまりまっすぐ走らないのが困りどころでした。

だいぶ自然な乗り味になったのでいっぺんサーキットでも行きたいっすな~


ロードスターのステアリング交換

もう作業したのは1週間ほど前ですが・・・、

買ったときからステアリングがボロボロで、ちょっと遠さも気になっていたので
社外のステアリングへ交換することにしました。

DSC_1287.jpg

というわけでワークスベルのステアリングボスを買いました。
ホーン用ハーネスとエアバッグキャンセル用のハーネス(2本)が付属します。

純正ステアリングを外す前に念のためバッテリーのマイナス端子を外しておきます。
まずはステアリング中央のエアバッグを外すために左右にあるボルトを外します。

DSC_1276.jpg

写真では外れていますが10mmのソケットでOKです。
シビックと違ってトルクスは要らないんですねw

DSC_1278.jpg

ホーン、エアバッグのハーネスをそれぞれ外します。
エアバッグのコネクタは黒色のストッパーを外してから取り外しましょう。

DSC_1279.jpg

ステアリングは17mmのクロスレンチを使いました。
ナットを完全に外す前にステアリングを上下左右に揺すって抜けやすくしておきましょう。
ナットを外してから頑張ると突然外れて顔面を強打したりするらしいですw

取り付けは逆の手順なのであっという間に完成(ぉ

DSC_1289.jpg

エアバッグのキャンセルハーネスは車両側のコネクタに差し込んで抜けないように固定しておきましょう。



まぁ、ステアリング交換自体は今までの車と同じ手順なので問題なく作業できたんですが、
バッテリーを外したことで学習リセットされたのかアイドリングが不安定になりましたw

色々と便利なインターネッツで調べたところ、
【キーON1分間放置→キーOFF1本放置→エンジンON・完全暖気】まで放置という方法で学習が出来るそうで、
この方法でウチの車もアイドリングするようになりました。

いやぁ、最近の車は色々と面倒なんすなぁ・・・。12年落ちだけど・・・。