オイルクーラーの取り付け(2日目)

~ここまでのあらすじ~

サンドイッチブロックを外そうとしたらセンターボルトごと外れた。誰やねん付けたの←


DSC_6779_2.jpg


ということで

DSC_6781.jpg

ハ イ ブ リ ッ ド レ ジ ャ ー ラ ン ド 東 武 動 物 公 園

DSC_6782.jpg

圧 倒 的 S 6 6 0 感



というわけで外れました。

DSC_6785.jpg

※この後、センターボルトを締める工具が無いことに気付きホームセンターへ走ります(((



気を取り直して作業を再開します。というか全然進んでいません。

DSC_6783.jpg


センターボルトをエンジンブロックに戻しまして・・・、

DSC_6793.jpg


サンドイッチブロックの準備です。

DSC_6786.jpg

向かって右側がオイルクーラーへの油路、左側が戻ってくる油路です。
油温に応じて弁が動くので弁がある方に油圧のセンサを取り付けると塩梅が良くないとかなんとか。


センサ類を取り付けたサンドイッチブロックを車に取り付け、オイルホースを通線します。

DSC_6788.jpg

この後エンジンマウント直上になるように通しなおしましたw

DSC_6799.jpg

DSC_6802.jpg

フィルター周りは意外とクリアランスが無くて取り付ける向きに悩みますね。


オイルホースを繋げたらオイルフィルターを取り付けます。
フィルターはサンドイッチブロックを留めるボルトのピッチの関係でトヨタ用を使用するそうで。

DSC_6797.jpg

効果線の無駄遣い。


フィルターを取り付け、フィルター周りを掃除しつつ車の下から出ようとしたら

DSC_6794.jpg

DSC_6795.jpg

DSC_6795_2.jpg

ぼ く に は な に も み え ま せ ん で し た


DSC_6804.jpg

気を取り直して試運転して終了ですはい。



DSC_6806.jpg

近所を一回りした感じでは油温は装着前より25℃くらい低く抑えられているようです。
水温も油温に釣られて上がっていたようで7~8℃程度低めです。
懸念だった油圧もアイドリング~街乗りでの数値に変化はありません。

あとはサーキットを走ってどんな感じかですね。

スポンサーサイト

Comments 2

あのインテでーす  

作業お疲れ様でした

どーもどーも足長オジサンです。
作業の無事完了おめでとうございます。
この時期は寒暖差が大きいので油温が70℃を下回る様なら熱交換器に適時、適量メバリして余分な温度開閉弁の作動を抑制してね。
多分バイメタルとスプリング併用の開閉弁だから多少の誤差が有るにしてもちょっと効き過ぎてるね。
冬の高速巡航は特に注意してね、夏や降雨時はエアコンを使ってれば凝縮ファンが作動してもオイルクーラーが冷やされちゃう
走行風で熱交換器が過冷却すると開閉弁が閉じてても自然対流で油温がドンドン下がっちゃうんだ。
とくに冷却水のサーモを低温にしてると純正の水冷オイルクーラーも効いちゃうからね
エンジン始動後先ずは水温が上がってから油温が追従するけど暖気後は走ってても油温が水温を下回らないように注意して(公道限定の話ね)

空冷式って細かい制御が出来ないから追加メーターを充分監視して丁度良いメバリ量を見付けオイル量管理は充分注意して下さい

2016/04/26 (Tue) 22:16 | EDIT | REPLY |   

ろくすけ管理人  

本当に疲れてます←

この度はありがとうございました!
効果測定してからご報告しようとおもいましてw

ちょっと涼しい夜に20分程度走っただけだと油温が上がりきらなかったようですが、
昼間走ってみたら水温、油温ともに85~90℃前後まで上がりました。
油温の方が水温よりもちょっと高めですね。

今よりも寒い時期は塞いじゃってもいい気がしますw

2016/04/30 (Sat) 00:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply