ホンダツインカム走行会 筑波サーキットコース1000

TC1000走行会、行ってきました。

関東は入梅しましたが、真夏のような暑さになりました。
というわけでタイムは期待出来ないわけですが、今回はそもそも適当な中古タイヤなのでタイムを出す気がありません(滅

色々と仕様変更したので慣れを兼ねての走行ですはい。



朝一番の枠で42秒648を出して以降は42秒台にすら入らずじまいでしたが、
エンジン、デフの雰囲気はなんとなく掴めたかなと思います。

冬場は間違いなく41秒台に入りますね・・・タブン。



今回は12分×6本も走行枠があったので・・・、

DSC_5397.jpg

2本3000円で買った適当なSタイヤ()は完全にスリックタイヤになってましたwwwww

DSC_5390.jpg DSC_5391.jpg

午前中の3本が終わった時点で左フロントが丸坊主だったので、
回転方向を無視して左右ローテーション()しましたが、焼け石にナントヤラですねw

フロントタイヤがこんな状態なので、リア(Z2☆)の内圧を温間280kPaまで上げてリアを出す作戦にw
うまくいったかどうかはお察しください(((




今回は話題のニュータイヤを履いている某2台にも注目が集まりましたが、

DSC05787.jpg
DSC05784.jpg


DSC_5393.jpg

DSC_5394.jpg

DSC_5395.jpg

新品からTC1000 12分×6本でこんな感じだそうで。
運転がアレなのではというはなしはさておき(笑)、
センターグループの角がやられてスリップサインの辺りまでガッツリやられてました。
一方、タイムはこの時期にもかかわらず41秒台とのことで、確かに速いけど・・・。といった感じ。

ラジアル限定っていうルールがある競技ならさておき、ルールのない走行会であれば
『こんなに減りが速いラジアルを使うならSタイヤの硬いコンパウンドのやつでも使えばいいんじゃねーの?』と
思ってしまいますがいかがなもんでしょ。

「あいつ、Sタイヤのくせにおせぇなw」と後ろ指さされる可能性はありますけどw





DSC05858.jpg
DSC05870.jpg
DSC05897.jpg
DSC05928.jpg
DSC05948.jpg

というわけで、皆様お疲れさまでした。

一枠サボってカメラマンやってましたが打率が低いのはご愛嬌(滅


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply