ギア比をアレするはなし①

B型オーナーなら誰もが知っていることですが、

150403_0010.png

互換性のないEFやDA6前期はさておき、B型VTECエンジン搭載車のギア比ってこんな感じですよね。

かったるいな~と思わせる96純正ギア比ですが、
個人的にはなかなか気に入っておりまして、
意外とどこのサーキットに行っても「ギア比が合わないなぁ」と感じることが無いように思います。

しばしば『98ギアを流用すれば速くなる』『ファイナルを4.7にすれば速くなる』という勘違いを見かけますが、
直線加速だけならそれで良いんでしょうが、ギア比なんて走るサーキットによって合う/合わないが必ず出るものですし、
所詮素人なのでちょっと加速がかったるくてもシフト回数が少ないギア比のほうがタイムが出る気がします。
シフトしてる瞬間はアクセルを戻してるので、少なからずロスにはなると思いますし。

ミッションの傷みなど気にせずにスパーンとギアを叩き込めればいいんですが、
貧乏故にそうもいかないのです(((




ということで私の車載で例示してみると・・・、

<ギア比が合ってない例>
富士ショート/98インテRギア流用EK9


上りで3速にシフト後、最終まで3速ホールドで走行。結果、トルクバンドを外すので最終手前の車速が伸びません。
素人故に最終手前の左で2速に落とすとリズムが乱れてタイムダウンするという(滅


富士ショート/96インテRギアEK3改


96ギアの場合は上りから右~左コーナーを2速でクリア、最終手前の短い上りストレートでしっかり加速が出来ます。



富士ショートは乗ってて違いがわかるくらい最終手前の車速のノリが違いますが、
あまり自覚が無くてもタイムロスしてるパターンもありまして・・・

<シフト回数が増えてタイムロスしてる例>
本庄サーキット/98インテRギア流用EK9


3つ目のヘアピン手前や最終手前で3速に入れないと吹けきってしまうのですが、
3速に入れても加速する区間はほとんど無いままブレーキングになってしまいます。
しかし2速でレブに当て続けるにはちょっと長く、タイム的には3速に入れたほうが速かったです。


本庄サーキット/96インテRギアEK3改


件の区間、2速でちょうどレブリミッター作動するくらいなので車速がしっかり伸びきります。
ブレーキングでシフトダウンも要らないので操作も幾分スムースだったりします(素人



まぁ、これだけ書いて何を言いたいかというとですね・・・、
ミッションを開けるのはお金がかかるので、無闇に98ギアにするのは止めましょうねってことでしょうか。.

技量のある人はクロスしてる方がタイムが出やすいのかもしれませんけど。




ということで(?)、

150403_0010_2.png

ちょっと挑戦してみようかと思います(滅


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply