国産ホットハッチの選択肢が増えてきた

http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2014/_STORY/141010-02-j.html

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「ノートNISMO」を10月10日より全国一斉に発売すると発表しました。



というわけで、1.6Lクラス最強となるエンジンを載せてノートNISMO Sが発売になりましたね。

私のように子どもが生まれそうだけど、車遊びしたいなーという低所得なおっさんにはピッタリの車です(滅


次に買うのはこのクラスの車かなと見てみると、


マーチNISMO S : 182万円

ヴィッツRS : 183万円

フィットRS : 190万円

ヴィッツRS G's : 204万円

ノートNISMO S : 224万円

アクアG G's : 228万円



スイフトスポーツ未使用車
141010_2047.jpg
1 4 8 万 円
※フツーに新車を買っても172万円とお安いです


と、走りが一番良さそうな車が一番安いという現実はあるのですが、

致命的にリアシートが狭いという欠点もあり、

IMG_3344.jpg
※参考画像

非常に悩ましいですね。


とにかく広くて税金が安くてレギュラー仕様のフィットか

そこらへんに部品がごろごろしてるスイスポが魅力的で、

広くて(カタログ上は)パワーもあるノートもいいなーといった感じですが、


部品が出なくなるまではシビックですかね(滅



あと5年がいいところかな?
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply