そういえばギア比の話で盛り上がってたので

98インテRのギアを流用したり、DC2Siの2速を流用したりなど小ネタに事欠かないので
表計算ソフトでお絵かきしてみました。

140419_1201.png

まず各車のギアレシオはこんな感じです。

「クロスレシオミッション採用」を謳った96インテRが実はEG6のギア比に戻っただけというアレはさておき、
EG6,EK4,EK9とDC2Rの96スペックは全て同じギア比、DC2のSi VTECだけ2~5速がハイギヤードになっています。

DC2Rの98スペックは16インチ化に合わせて(?)ファイナルが変更され、4,5速にはSiVTECと同じギア比になってます。
タイヤ外径も考慮すると4,5速が96スペックとほぼ同回転数で、1~3速はローギヤード化されています。

EK9_44_22545_2.png
EG6/EK4/9/DC2R96純正ギア比 回転と車速の図(タイヤサイズ225/45ZR16)
※矢印の辺りがシフトアップ後の回転数です

元々EG6や96スペックにギア比は繋がりも良く(特に3→4速)そうそう不満は出ないものですが、
やはりパワーの無さから直線加速に不満を覚えることもあります。というか今まさに私がそうです←

EK9_47_22545_2.png
DC2R98純正ギア比 回転と車速の図(タイヤサイズ225/45ZR16)

だからと言って98スペックのギア比を安易に流用すると3→4速が離れてしまい回転落ちが大きくなったり、
今までギア比は合っていたところで合わなくなったりと運転が難しくなったりもします。

前に乗っていたEK9は98スペックのギア比になっていましたが、
TC2000を走ると80Rの旋回中に4速に入れないといけなかったり、
140419_1159.png
富士ショートを走ると最終手前の短い上りストレートを3速のローカム領域を使わないといけなかったりで
走りづらい場所が出てきてしまうのも事実です。


個人的には225幅の16インチを履くなら98スペックのファイナルだけ流用するか、
そこに更にDC2Siの2速を流用(2速のハイギヤード化)するのもアリかなと思います。
こうすると純正流用で2-3-4のクロスが作れますね。

そういえば昔乗ってたEG6はファイナルだけ流用仕様でした。
8000rpmシフトでもハイカムを外さないので、乗りやすかった記憶があります。
ノーマルのB16Aだと8000以上回しても頭打ちになるだけですからね。油温も上がりますし。


EK9_47+DC2Si_22545_2.png
4.785ファイナルとDC2Si2速流用ギア比 回転と車速の図(タイヤサイズ225/45ZR16)

2速の守備範囲が純正よりもほんの少し上に行ってしまうので、
タイトターンの立ち上がりは純正同等以下かもしれませんが、
2-3-4速の繋がりが良いので乗りやすくはなるんじゃないかなと妄想してます。



何が言いたいかというと、

・走る場所で合う/合わないが必ず出る
・素人運転だとシフト上げ下げのロスがバカにならない
・かかる費用に見合った効果があるか


をよくよく考えて作業に踏み切りたいってことですね。





私はもう考え疲れたんでノーマルでいいです(滅

ちょっとかったるいけど意外と乗りやすいんですよ。ノーマルが。


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply