筑波サーキット走行会反省会

まいどお馴染みのログデータを引っ張り出してきました。

130623_0939.jpg
↑車速
↓前後G
130623_0942.jpg
↑左右G

走行ラインは少しずれて表示されてしまっていますが、
青:今回ベスト 1'11.704
緑:今回仮想ベスト 1'11.625
赤:前回ベスト 1'10.179

です。



今回のベストはほぼドライ路面だった走行枠1本目でした。
朝方まで続いた雨の影響でセミウェットといった具合の路面でした。

普段ならフロントの減衰は最強にするところなのですが、最強から5段戻しで走り始めました。
ドライ路面だと最強まで締めないと、回り込んだコーナーでのアンダーステアがキツくなるのですが、
雨ゆえに動きを大きくした方が良いのではないかという判断でした。

リアも普段より柔らかめの最強から25段戻し、タイヤは冷間220kPaで走り始めました。
Sタイヤがどれくらいまで内圧が上がるか分からないので、とりあえずこんなもんかなってところからスタートです。


走り始めはあまりグリップ感はありませんでしたが、3周目くらいにはグリップ感が出るようになりました。

走行終了5分前には走行ライン上はほぼドライの状態に変わっていたのですが、
ドライになるに連れて減衰を緩めているが為の踏ん張りの無さが顔を出すようになりました。
前回の走行時と比べると同じ場所での陀角がこぶし1個分くらい違います。

130623_0247.jpg
↑前回(2月) 今回↓
130623_0248.jpg

ログデータにも現れていますが、各コーナーの立ち上がりが遅いのはこのためです。
今思えば1回ピットに入って減衰を締めてもよかったかなと思います。後の祭りですがw

走行後の内圧は前後共に280kPaまで上昇していました。
ちょっと高すぎるでしょうね・・・。


2本目の走行枠はドライ時と同じ状態まで減衰を締め、空気圧は温間230kPa狙いでスタートしましたが、
ちょうどグリップ感が出た頃からから雨脚が強まり、タイムを出せる状態にはなりませんでした。

とはいえ、降り始め~本降りと路面が変化する中で走れたのは良い勉強になったかなと思います。
水溜りが出来るほどにはならなかったので、Sタイヤでも問題なく(?)走れてしまったのは運が良かったのかなと思います。


次回は来月末に富士本コースを走る予定です。
ノーマルECU故にリミッターカットはしていないのでタイムを狙う気はまったくありませんw
計測もしませんしねw
体験走行気分で走ってきたいと思います。








ちなみに総合結果はこの通り。

130623_2320.jpg

アンダーパワーなEK9で51台中9番手なら上出来だと思うんです(滅

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply