テンロクホットハッチの時代はよ

いや、別に1600ccという排気量にまったく拘りはありませんし、

むしろ日本で乗るなら1500cc未満にしてほしいわけなんですが。


いつぞやに試乗に行ったルノールーテシアRSがあっという間に絶版になり、
気が付けば本国ではベースモデルがフルモデルチェンジし、
新型のルノースポールがデビューしたそうで。



1600ccターボで5ドア+DCT(EDC)のみの設定ながら、
先代より軽くなっているようで、かなり速さが増しているようです。

恐らく日本導入時には先代モデル(299万円)より高くなるであろう事が残念ではありますが、
そもそも先代モデルが安すぎた感じもしますし、仕方ないでしょう。


国産車では下火なホットハッチというジャンルも輸入車となると選択肢は色々ありますね。
定番のミニクーパーS/JCW、DS3スポーツシック、208GTi、トゥインゴRSゴルディーニなどなど・・・
新型ルーテシアは唯一の5ドアとなるので、個人的には気になる一台です。



ところで、

日本車にも1.6Lのターボエンジンを積んだモデルがありますよね。



海外に行くと新型ティーダにこのエンジンが6MTと組み合わされて載ってたりするので、
うらやましい限りなんですが、ジュークもおもしろそうな車だなと思います。
ニスモ仕様なんてのも出ましたしね。

MR16DDT.jpg

あと、どう見てもルーテシア4 RSとエンジンが同じですしねw





・・・言われてみれば確かに遠くに聞こえるエンジン音は似ているような。





味付けの違いなのかルノー版のほうがスポーティというかスポーツって感じですかね。
お国柄の違いかもしれませんが。












特に意味無しですが(
そういえば、エキマニ変えたらどっかの遮熱板が音源と思われる共振音がなくなりました。


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply