ホンダツインカムのエキマニを取り付けたらトルクが格段に増しました。 #ステマ

DSCN4945.jpg

某大手ネットオークションに出品されていたので、ついうっかり落札してしまいました。

送料込みで2万円也。


1年半ほど前に無限製の4-1タイプのエキマニを取り付けていたのですが、
5000rpm近辺で妙な共振音が出るのが気になっておりました。
正直、純正との差もあまり感じませんでしたしね。
『上のひと伸びが違うかな』くらいは思いましたけど。


DSCN4913.jpg

4-1レイアウトとなる無限と比較すると4-2-1レイアウトとなるホンダツインカムは路面からのクリアランスが大きめとなります。
地ベタに置くと向かって右側の無限の方が背が高いのはそのためですね。

DSCN4917.jpg

全体的にホンダツインカムの方が太い印象。


体重計で重さを測ったところ、

無限4-1エキマニ:7.4kg
ホンダツインカム4-2-1エキマニ:5.6kg(O2センサ込)

でした。

DSCN1967.jpg

純正の鋳物エキマニと比較すると8kgも軽いことになりますね。



DSCN4919.jpg

これだけ軽いと取り付けも楽々です。まぁ、それなりに・・・。


DSCN4938.jpg

一般的に4-2-1タイプの方がトルクが出ると言われていますが、
これは集合部までの管長を長く取れるためなんだそうです。

これまでと比較するとトップエンドの数百回転は前の方が伸びてたかなといった印象ですが、
全体的にトルクが増したように思います。

特に上まで引っ張った後、シフトアップ直後のもたつきがずいぶん薄らいだように思います。

富士ショートの偽100R~最終コーナー区間のようにハイカムをギリギリ外れた回転域を使わなければならない場所や
上り勾配があるサーキットでは楽に走れるようになりそうですね。

いい買い物だったと思います。




あとは無限のエキマニがどれだけのお小遣いになるかが頑張りどころですね(

スポンサーサイト
  • Comment:0

Comments 0

Leave a reply