絶対に飛び出してはいけない走行会24時(筑波2000はしってきた)

昨年の11月以来となりますが、

筑波サーキットコース2000にいってきました。

今回もホンダツインカム様の走行会です。

DSCN4900.jpg

GOPR0049.jpg

今回も激速でもなければ、初心者でもないある意味一番危険なS-2クラスにエントリーです。
H22A換装いすゞアスカ、マニュアル換装アコードワゴン、フルラッピングなシビックなどが揃うキワモノクラスでもあります(



そんなことより、

DSCN4897.jpg

ランオフエリアにランオフ出来ない最悪なコンディションという・・・。

前日の夕方前まで降っていた雪が芝生の上に残っている状態でした。

講師として来ていた"ころりん"井尻選手の『絶対に飛び出してはいけない』という脅しが功を奏したのか、
飛び出した車はほとんど居なかったようですが。


そういえばサーキットで飛び出したことって1回も無かった気がしますね。
ハーフスピンは雨のTC1000で1度ありますけど、5年前に(



というわけで、今回の車載。



InLap
1'11.741
1'10.438
1'10.205(best)


1本目もほぼドライでしたが、2,3本目は完全にドライ路面だったので、
前回より0.3秒アップしました。

130208_0030.png

仮想ベストは1'09.964とついに9秒台入り(



前回はブレーキング時にリアがロックしやすかったのですが、
リアの車高を10mmくらい下げたら、その症状はでなくなりました。

運転手としては、ダンロップ下と最終コーナーに苦手意識があったんですが、
ベストが出た周のダンロップ下はうまくいった感じですかね。
ちょっとアンダー出してますけど・・・。

最終は怖いのでゆっくり走ってます(


130209_0002.png

前回のベスト(1'10.519)と今回のベストのログデータです。

ダンロップ手前までは前回ベストの方が速かったりします。
ダンロップ下で車速を落としすぎていないことと、
2ヘアのブレーキングがタイム差を生んでいるものと思われます。

最終コーナーのラインを変えて、早めに踏めるようにしたのもいい方向に働いているかもしれません。

1ヘアは縁石を使った小回りを試したんですが、
アクセルONが遅いので、一考の余地アリといったところでしょうか。


あとは毎周同じ走りが出来るようになることが課題でしょうか。

130209_0037.png

周ごとにいいところ、わるいところが有って1周回ってくるとタイムが同じって感じなので、
仮想ベストと0.2秒も差が出ちゃうわけですし。

某店長に指摘されたブレーキの離し方も余り意識していない点だったので注意したいですね。

やること多いですなぁ。


でも、考えながら走ってタイムにはいちおう反映されてるんで的外れなことはやっていないものと思われます。

たぶん。



あと、11月に買ったような記憶があるZ2に刻まれた2個目のローテーションマークが消えようとしているという現実を受け入れるのに少々時間を要しそうです(滅

DSCN4902.jpg DSCN4903.jpg
左フロントのショルダーを使いすぎですね。ちょっと反省・・・。

DSCN4905.jpg DSCN4906.jpg

リア履きの中古スタースペック(2本7,750円)はまだまだ元気です(




そういえば、ころりん井尻選手がZⅡのことを『ぜっつー』と言っていたんですが、
井尻選手はカワサキのバイク乗りかなんかなんでしょうか(

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply