たでーのサスペンション交換(3年半ぶり2度目)

DSCN4834.jpg DSC_4110.jpg

なんか勢い余って注文してしまいました。

左の黄色いビルシュタイン カバヤ カヤバ LowferSportsから

BLADEのTYPE-KRって車高調にしました。

税込み8万円也。



ストラットと車軸式のサス交換なら、朝飯前ならぬ晩飯後で十分なので早速作業開始(金曜夜)。

DSCN4833.jpg

フロントのショックが外れたら終わったも同然です。
車高調のほうが短いから取り付けは簡単ですからね。
純正ショックは長いので抜くのがちょっと大変です。





DSCN4835.jpg

『終わったも同然』とか言って余裕ぶっていたら、ロアケースが中々入らず分解するお始末・・・。



DSC_4112.jpg DSC_4111.jpg

後ろは内装が外れたら終わったも同然です(何

左側はラテラルロッドの付け根と燃料タンクがあるのでちょっとやりづらいですかね。



はい完成。

DSCN4837.jpg

試走はまだ雪が残り気味な宮ヶ瀬まで。


DSCN4839.jpg

DSCN4840.jpg

DSCN4842.jpg

DSCN4844.jpg

車高はだいたい水平になるように合わせました。
あまり下げすぎてもお下品になりそうなので、適当な高さにて(

以前のダウンサスはライフ用だったこともあり、後ろ上がりな感があったので、
走りもずいぶん変わりそうですね。

130120_1958.jpg

うっすら見えているのが前の状態です・・・。わかりづらいですが。


DSCN4845.jpg

リア側の減衰調整ノブの辺りは内装をカットしました。
ほとんど見えないので、気になりませんね。




今回、車高調を導入したもうひとつの目的がこちら。

DSCN4849.jpg

調整式のアッパーマウントです。


以前の足はバネが柔らかかった事もあり、ロールが大きめでしたが、
このときに路面に対してポジになるようで、フロントが逃げるような感じがありました。

安全のためにわざとそうしているのかもしれませんが。

キャンバーが付いてればフィーリング的にもかなり良くなる予感がしていたので、今回の導入に至ったわけです。


DSCN4848.jpg

何度か測ってませんが(!)、とりあえずこんなもんに。

来週末にでもちゃんと測って調整してみようと思います。


現状、かなり踏ん張るようになりまして、まるで別の車のようですw



これは来月の富士ショートが楽しみですな・・・w


スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply