転がし用ホイールを手に入れたぞ!

またつまらぬものをかってしまった。

DSCN3476.jpg

8部山/6部山のS.driveが付いて16,000円だったんですもの(ぉ

思いのほかサーキットをぶらぶらする機会が多いので、
サーキットで遊ぶ用と別に転がし用があってもいいかなと思いまして。

見る人が見ればすぐ分かるかと思いますが、
DC2インテグラタイプRの98スペック純正ホイールです。
16インチの7Jインセット50なのでEKシビックにも多分入るんじゃないですかね(ぉ
16インチを転がし用、15インチを遊ぶ用にしようかと思います。


先日、アストロプロダクツでローダウン車用のスロープが安売り(3,480円→2,980円)だったのを見て、
ホームセンターで買ってきた木っ端(80円)をぶった切っただけのスロープが早速役に立ちました(意味不明

DSC_0394.jpg


タイヤはまだまだ使用できる状態ですが、空気が入って無さ過ぎてそのまま走るのもどうかと思ったわけでは無く
ネタ的に面白そうなのでチャリンコの空気入れで空気を入れ始めたら朝になるかと思いました。

DSC_0395.jpg

自転車ほど高圧じゃないので、ポンプの操作自体は楽な気もします。


というわけで、装着の図。

DSCN3470.jpg

近年のスーパーGTのトレンドに沿って前後異径サイズです(ぉ

干渉が無いか見たかったのでひとまず前だけ・・・。



DSCN3479.jpg

写真だと一見綺麗そうに見えますが、
程度はそれなりなので、塗装してしまおうかなとも思っております。

16インチ化で扁平になったので、ステアリングを切り始めた時の反応はコチラの方が良さそうです。
タイヤの銘柄の違いでサイドウォールが硬いであろうせいもあるかと思います。

でも、15インチの【適度なダルさ】と【もっちり感】も捨てがたいんですよねー。


インチアップすると気になるのは重さですが、
P1レーシング7Jインセット45+CORSA VEERA 195/55R15 → 14.4kg
DC2純正16インチ7Jインセット50+YH DNA S.drive 215/45R16 → 16.4kg
とバネ下1輪当たり2kgの重量化に成功しました(滅

比較的軽くなるように作られているようですが、鋳造の純正品なのでこんなもんでしょうね。


そんなことより、
16インチにしたらハンドルが心なしか軽くなったんですが、
ワケがわかりません(ぉ



いつぞやに書いたヤツに追記しておきましたので参考に・・・。

<重さまとめ>
EK9純正ホイール(6.0J+50):7.1kg
RSワタナベRS-8(6.5J+47):7.0kg
RAYS GramLightsG07GR(7.0J+50):7.4kg
バーディクラブP1レーシング(7.0J+45):6.4kg

【参考】DC2純正16インチ:7.7kg
【参考】CR-Z純正16インチ:7.6kg
【参考】フィットRS純正16インチ:8.2kg



グラムライツとはなんだったのか・・・。


スポンサーサイト
  • Comment:0

Comments 0

Leave a reply