なんだかなー

もうね、今日はタメ息しか出ませんよ。

-以下毎日.jpより引用-
山口県光市の母子殺害事件を巡り、青山学院大の女性准教授が昨年9月の個人ブログで、「事件の死者数は1.5人で、無期懲役とした1、2審判断が妥当」な どとした記載したことに、広島高裁の死刑判決後に同大へ批判の電話などが相次いだ。同大の伊藤定良学長は25日、准教授に口頭注意するとともに、「記述が 適切ではなく、関係者に多大な迷惑をかけた」と大学のホームページで謝罪した。

 准教授は、事件の遺族が高裁で死刑を求める陳述をした翌日の昨年9月21日付ブログで、「死刑は重すぎるように思えてならない。犯人が少年だか らだ。子供を死刑にするのは正義感に合わない。最低でも永山基準くらいをラインにしてほしい。永山事件の死者は4人。この事件は1.5人だ」などと記し た。

 同大によると、判決翌日の23日に「子供の命を0.5人と数えている」と批判する電話が数件あった。24日以降は、「電話が鳴りっぱなし」(同大広報課)の状態になった。

 伊藤学長は25日、「子供の命を0.5人と数えるのは社会通念上、適切ではない」と、本人に口頭で注意。准教授も26日、個人ブログで「わたくしの発言によって傷ついた方たちに心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 事件の差し戻し控訴審で、広島高裁は今月22日、当時18歳の元少年(27)に対し、求刑通り死刑判決を言い渡している。

-引用終わり-

青山学院大学という名のある大学の准教授、影響力のある立場に居る人間があの発言ってありえませんよね。

確かに自動車の事故などでは年齢によって賠償額に差異があったりしますが、殺人事件において乳児を0.5人と数えるというのは如何なものかと思います。


話はこれだけにとどまらず、更に個人の旧ブログではこんなことに。

本日付の毎日(夕刊)に私の記事が出ています。が、よくこんなものを書くと思います。

私は25日には学長にはお目にかかっておりません。それどころか私は今のところ学長と面識がないです。

この日は一日授業があり、授業後はゼミ生と夏合宿の打ち合わせをして帰宅しています。もちろん注意をうけた事実もないです。

書き方は悪かったと反省しておりますが、私は幼児を0.5と数えたわけではありません。もともとの記事を注意深く読んでいただければわかりますが、乳児に ついては、殺人ではなく傷害致死の可能性を指摘しただけのことです。もし私が学長にお目にかかっておれば、当然ご説明をしたはずですので、このような発言 を学長がなさるはずがない。新聞ってこんななのでしょうか。


借りに誤解であったとしても、新聞に八つ当たりですか。

しかも、穏便に収めようとした面識の無いという学長(or広報)の顔を潰してみたりw

挙句の果てに謝罪が掲載されたというfc2の現ブログが認証制になってるもんだから呆れたもんです。






酒飲んで寝るか。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply