タイヤ交換なんぞ

シビックのタイヤを交換しました!

6mm近くあったハズのフロントタイヤも気が付けば3mmほどに、
リアに履かせた中古ネオバは高速で不思議な振動が出るって事で無い金を振り絞って替えましたw

例によってタイヤはヤフオクで(滅
偶然『9.5部山(いぼいぼ残ってます!)』というほぼ新品のタイヤが出ていたものでw

DSC_0014.jpg

ついこの間までバイトしていた某トバックスにて交換していただきました。
りょーすけ君ありがとー!

タイヤはコチラ。

CA3G0275.jpg

ヨコハマのDNA Earth-1、サイズは純正同等の195/55R15です。
普通の街乗りタイヤですが、しばらくはサーキットに行く暇も無さそうなのでこれでいいかなぁと。

CA3G0276.jpg

パターンもとっても普通です。
ちなみに4本で22,600円+送料2,310円でした。
オートバックスで普通に買うと1本15,000円だそうで。

「タイプRに2ピースホイール+エコタイヤってどうなんだ」という声は聞こえません。
タイヤなりに走らせれば良いんじゃないかと思います。

と、言う私にはブリヂストンのPlayzが余りにも食わなくてすぐに売り飛ばしたと言う過去がありますがw


少し走った印象ですが、とにかくハンドルが軽くなりましたw
交差点を曲がる時、片手でもハンドルが回せるんですwww

私の車にはパワステが無いので、これはとても重要です。
楽が出来ると言う事もありますが、ステアリングワークがより自然になりました。
これまでは大きく操舵する場面ではとにかく回すのが精一杯で
タイヤの接地状態を伺って、それを操舵角に反映するということに苦慮していました。

反面接地感は希薄になりましたが、最近のEPS車よりは随分良いんじゃないかなと思います。


操舵に対する反応は溝が深いせいもあるでしょうが、ゆっくりです。
トゥデイに履かせているミシュランのXM1も最初の頃は同じ印象を持ちました。

XM1はショルダーが硬い割にブロックの剛性が低く、
磨耗していない頃は荷重が大きくなると腰砕けになる印象がありましたが、

Earth-1もいわゆるエコタイヤなので、ショルダーは硬くする方向でしょうが、
ブロックもしっかりしてるので、荷重が大きくなって急に動きが変わるということは無さそうです。
サイドウォールを柔らかくして乗り心地を確保しているのか、路面の当たりが硬い感じはそれほど無いでしょうか。
どうしてもハイグリップタイヤと比較してしまうので何ともいえませんw

いずれにせよハンドルをゆっくり回すようになるので、正しい運転が身に付きそうですねw


ハイグリップタイヤから履き替えなので、静粛性の高さも際立ちますね。
お陰でミッションからの「ひゅーん」と燃料ポンプからの「きーん」という音が気になって仕方がありませんw


まだそれほど走っていないので、今日のところはこの辺で。
また感じる事があれば書きたいと思います。

スポンサーサイト
  • Comment:2

Comments 2

りょーすけ  

なんでエコかと思った( *`ω´) w
はよ喉治せよー(>_<)

2011/04/11 (Mon) 00:03 | EDIT | REPLY |   

ろく助@管理人  

俺はエコに目覚めた・・・!
貧乏性ともいう。

2011/04/14 (Thu) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply