バリアブルレートスプリングについての稚拙な考察

>>恐らく1G状態で線間の狭い部分はくっついてしまうと思います。ヘルパースプリングのような効果を狙っているのでしょうか?
それはないですよ。バリアブルレートの答えがそこにあるというわけです。HONDA、しかも、Rでそんなことをする訳ないっすよ~。
乗り心地の良さには驚きましたが、そこにも反映されている可能性がありますね(これは憶測に過ぎませんが)。
2009.08.06 | URL | トンクリフシギウオ?

ヘルパーではなくテンダーと言えばよかったですね。
どちらもサブスプリングという点では同じなので、いちいち分けて考えていませんでした。
乗り心地の良さはEG6純正に比べてDC2純正の方がプリロードが小さいという事も影響してると思います。
レートが高いので突き上げはありますが、私にとっては気になるレベルではないです。
この点は乗る人の主観なのでなんとも言えません。
2009.08.06 | URL | ろく助@管理人



・・・という話がありまして、何の為のバリアブルレートなのかを考えてみました。自分なりに。


先日書いたとおり、DC2R'96純正リアスプリングは2.5~4.4[kgf/mm]のバリアブルレートになっています。
これを線間の狭い部分を2.5[kgf/mm]、広い部分を4.4[kgf/mm]と近似して考えてみました。
090806.jpg
というわけで、EG2に装着した場合、1G状態で自由長から69mmほど縮むようですが、
自由長が分からないのでなんとも言えませんwww
ダンパーが戻ろうとする力があるんで、実際はもう少し縮まないのかなぁと。

あと、「ダブルウィッシュボーンなので~」っていう仮定が激しく怪しいです。


DSC00070.jpg

ちなみにダンパーに組み付けた状態で線間の狭い部分は60mmほどです。
プリロードがかかってるはずなので、線間の狭い部分の自由長はもう少しだけ長いはずです。





というわけで、タイヤの隙間からカメラを突っ込んで撮影してみました(滅
右後ろのサスを撮影してます。

DSC00097.jpg

というわけで、デルソルに組むと1G状態で線間密着しているようです。
しかし、DC2Rに比べると車重が100kgほど重く、前後重量配分もかなりリア寄りなので、DC2Rに組み付けた状態でどうなるかは分かりません。


で、結局なんでバリアブルレートのスプリングを使ってるんですか?w

プリロードが小さくなった分(EG6純正比)、リバンプ側のストロークを確保する為ってことですかね。

誰か教えてください・・・。
スポンサーサイト

Comments 5

ちょ~えい  

ここで結論が出なかったら、上原さんに聞いてみましょうか?w
DC2はヘルパーを付けると、筑波の1ヘア、2ヘアがよくなると近所のサス屋さんは仰っていましたが。

2009/08/06 (Thu) 16:09 | EDIT | REPLY |   

ろく助@管理人  

そうか!本人に聞けばいいのか!!w
近所のサス屋さんって、あのオー○ンズ屋さん?
高級な足も良いだろうけど、SHOWA製のダンパーって凄くいいよ?w
某ツインカムのT氏じゃないけど、純正ってバカに出来ないよね。ホントに。

2009/08/06 (Thu) 16:28 | EDIT | REPLY |   

トンクリフシギウオ?  

あらら

衝撃の映像ですね~。

線間密着しちゃってる・・・。

ちょっと、答えが気になってきますね。

検証を続けて下さいm)(m
他人任せで。。。

2009/08/07 (Fri) 01:39 | EDIT | REPLY |   

ろく助@管理人  

衝撃でもなんでも無いですよ。
「線間密着している」=「スプリングは仕事をしない」ではないです。
縮められたスプリングは伸びようとする訳ですから、リバンプ側のストローク確保がバリアブルスプリング採用の目的と考えるのが自然かなと思います。

2009/08/07 (Fri) 02:15 | EDIT | REPLY |   

ちょ~えい  

今月末に近所のオーリ◯ズ屋さんに行くので、その時聞いてみます。
ルマンやSGTもやっていた人なので、少しは参考になるかと。
それでもイマイチでしたら、気合いで上原さんにメールしてみますのでw

ネットには、DC2Rの若干オーバー気味の挙動を作り出す為に採用されている、なんて書いてありましたが、本当かどうかはわかりませんしねぇ。

なんだかんだ言っても、こういう話題は最高に面白いですね(笑

2009/08/07 (Fri) 02:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply