散財サラリーマンろくすけと趣味車の日常


In 03 2017

28
Category: ロードスター   Tags: ---

ロードスターのステアリング交換

もう作業したのは1週間ほど前ですが・・・、

買ったときからステアリングがボロボロで、ちょっと遠さも気になっていたので
社外のステアリングへ交換することにしました。

DSC_1287.jpg

というわけでワークスベルのステアリングボスを買いました。
ホーン用ハーネスとエアバッグキャンセル用のハーネス(2本)が付属します。

純正ステアリングを外す前に念のためバッテリーのマイナス端子を外しておきます。
まずはステアリング中央のエアバッグを外すために左右にあるボルトを外します。

DSC_1276.jpg

写真では外れていますが10mmのソケットでOKです。
シビックと違ってトルクスは要らないんですねw

DSC_1278.jpg

ホーン、エアバッグのハーネスをそれぞれ外します。
エアバッグのコネクタは黒色のストッパーを外してから取り外しましょう。

DSC_1279.jpg

ステアリングは17mmのクロスレンチを使いました。
ナットを完全に外す前にステアリングを上下左右に揺すって抜けやすくしておきましょう。
ナットを外してから頑張ると突然外れて顔面を強打したりするらしいですw

取り付けは逆の手順なのであっという間に完成(ぉ

DSC_1289.jpg

エアバッグのキャンセルハーネスは車両側のコネクタに差し込んで抜けないように固定しておきましょう。



まぁ、ステアリング交換自体は今までの車と同じ手順なので問題なく作業できたんですが、
バッテリーを外したことで学習リセットされたのかアイドリングが不安定になりましたw

色々と便利なインターネッツで調べたところ、
【キーON1分間放置→キーOFF1本放置→エンジンON・完全暖気】まで放置という方法で学習が出来るそうで、
この方法でウチの車もアイドリングするようになりました。

いやぁ、最近の車は色々と面倒なんすなぁ・・・。12年落ちだけど・・・。

スポンサーサイト



1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
16
17
20
21
22
23
24
25
26
27
30
31

top bottom