散財サラリーマンろくすけと趣味車の日常


In 05 2012

29
Category: なんの変哲も無い日記   Tags: ---

フィットRS試乗してきた

sDSCN3317.jpg

荷物が載らない車でこんなことやってたら、

荷物が載る車を見たくなったので、試乗してきました。

sDSC_0289.jpg

フィットRSの6速MT仕様車です。

先日のMCでハイブリッドRSなんていうモデルも追加になりましたが、
この試乗車はMC前から設定されているガソリン車のRSです。

sDSC_0290.jpg

下品なエアロと頭の悪そうなスモークテールで抜群のカッコ良さ(笑)を誇る外装ではありますが、
走りは思いのほか良さ気でした。

標準車では軽すぎて小指で回せるステアリングもRSは専用のようで
しっとりとした重さがありました。
CR-ZはBMWミニ的なわかりやすい、そしてわざとらしい鼻先の動かしやすさがありますが、
フィットは軽さがあるものの昔ながらのホンダらしい良い意味でのダルさがあるように思えます。
エンジンも踏むと軽快ながら勇ましい音が聞こえたりして好感が持てますね。
加速感は昔乗ってた1.5のデルソルと同じ位でしょうか。
同じ1.5Lのヴィッツよりは見かけに反して軽快かつ自然な印象です。

sDSC_0292.jpg

ギア比は1速が不自然なほどローギアで、出だしは妙に良いですが、
2速3速へのつながりはイマイチな印象です。
DBWが悪さをするのかスロットルを戻した後の回転の落ちが悪いのも気になりました。
ギアの繋がりの悪さと相まって加速のテンポを乱されます。
シフトフィールはワイヤー式横置きMTの中ではかなりしっかり感があるほうだと思います。
縦置きFR車かと思うほどガッチリ感があるコルトRにはさすがに適いませんけどね。

やはりフィットにはCVTの方がよく合っているように思います。

DSC_0090.jpg

DSC_0089.jpg

いつぞやに試乗した1.3LのCVT車(!)の方が自然で面白かった記憶もありますし(滅

サーキットを走らせたりするならMT車の方が良いでしょうが、
同価格帯でスイフトスポーツが選べるので、わざわざフィットを選ぶ人はそうそう居ないでしょう。


とはいえ、

テンロクでハイオク仕様、荷物がつめないスイフトと比べると


税金が安くレギュラー仕様で荷物が積めるフィットも魅力的なのは事実で



スカイルーフ付きの前期RSが欲しいです←


お後がよろしいようで・・・。
























FIT_ratio_20120529002956.jpg

MCで6MTになったものの、
2-3-4速は前期型の5MTの方がクロスしてるので、
峠道やミニサーキットなら前期の方がいいのかもしれないとも思えます。

巡航ギアがちゃんと用意されているハイブリッドRSも魅力的なんですが、
如何せんスカイルーフを選べないのがネックですね(しつこい


スポンサーサイト


29
Category: トゥデイ   Tags: ---

チルトステアリング無いけどステアリングの上下調整をしたはなし

今どきのコンパクトカーはチルト(上下調整)どころか、
テレスコピック(前後調整)まで付いている車も多いですが、
我が家の中古車を通り越した大古車、トゥデイにはそんなもの付いておりません。

前後調整は社外ステアリングに交換し、ディープコーンのステアリングにしているので、
ちょうどいいところになっているかと思っているのですが、上下調整だけは手付かずでした。


というわけで、調整します(ぉ


やり口(?)はいつぞやに記事にしたシビックと同じです。

sDSCN3343.jpg

まずコラムのカバーを外します。
下側4箇所のネジを外し、引っ張れば上下にカバーが分離します。

sDSCN3344.jpg

カバーが外れれば終わったも同然です(早

sDSCN3347.jpg

ステアリングシャフトを固定するボルトが足元にあります。
少し緩めておきましょう。
外す必要はありません、というか外さない方が作業はやりやすいです。

sDSCN3345.jpg

手前側は矢印のナットで止まっています。
ここにワッシャーを挟み込むとステアリングの上下調整が出来ます。

sDSCN3349.jpg

少々見え辛いですが、ワッシャーを3枚ずつ入れています。
これくらいでも、ステアリングの位置はそれなりに変わります。
自分しか乗らない車であればもう少し下げたいところですが、
母も乗るのでこれくらいにしておきますw

sDSCN3353.jpg

人が乗ってないとイマイチ伝わりませんね。
私が乗るように合わせると、こんな感じです。
なかなか乗りやすくなったので、良しとしましょうかね。


28
Category: なんの変哲も無い日記   Tags: ---

シビックに自転車を積もうと思い立ったので(2

~ あ ら す じ ~

シビックに自転車積みたいなぁ。2台。

sDSC_0283.jpg

というわけで、
ゴミ捨て場(!)で拾った模造紙の芯とスタイロフォーム、塩ビパイプで試作品を作り検討・・・

からの・・・

DSC_0288.jpg

こんなんできました←





というわけで、



sDSCN3317.jpg

載りました(早


sDSCN3321.jpg

奥に見えるのが、市販の車載用フォークスタンドをパクった俺製、もといお手製フォークスタンドです。
2×4の木材を適当にカットした上に塩ビパイプを取り付け、M8の全ネジを通しています。

sDSCN3319.jpg

両側から蝶ナットを締め、フォークを固定します。

タワーバーとスタンドの間に引っ掛けてあるグレーのバンドは
急制動時にスタンドが前方へ動き、転倒することが無いよう取り付けています。
市販のスタンドは置くだけの物が多いようですが、走行中に動く事は無いんでしょうかね・・・?

一般的に、リアホイールは外さずに載せる事が多いようですが、
シビックの荷室長では難しいですね。
ちょうど良い所にタワーバーがあるので、水道管の凍結防止用パッドで挟みフレームを載せるようにしています。

sDSCN3318.jpg

フレーム下部(チェーンステー)をナイロンバンドでタワーバーに固定しています。
バンドの締め具合に依るでしょうが、お世辞にも乗り心地がいいとは言えない私の車でも
フレームが動き、ずれることはありませんでした。

外したホイールは助手席後方に前後1セット、
運転席後ろにリアホイール×1、荷室床面にフロントホイール×1を置いています。

案外、積もうと思えば積めるものですね。


ちなみに、
私の車は2名乗車公認仕様でリアシートの背もたれを取り外しているため、
荷室が(ほぼ)フルフラットになっています。
ちゃんとしたEKシビックだと背もたれの分だけ段差が出来るので、
自転車を立てて積むのは難しいのかもしれません。

あと、言うまでも無くこのようなスタンドを参考に読者様が自作したスタンドで
事故を起こされても当方では責任は一切取りません。
n番煎じの出尽くしたDITネタなので、こんなことを書くまでも無いでしょうけどw



自転車を載せたからにはどっか行かないとなー、

というわけで、
ぷらっと葛西臨海公園に行ってまいりました。

sDSCN3322.jpg

荒川沿いに少し走り新木場方面へ

sDSCN3323.jpg

sDSCN3328.jpg

遠くに見えるのは・・・

sDSCN3327.jpg

ゲートブリッジです。

sDSCN3332.jpg

sDSCN3333.jpg

首都高葛西ジャンクション。
首都高湾岸線の両脇を一般道が走り、すぐ脇にはJR線も通っています。
湾岸線からC2中央環状線へ分岐しますが、
千葉方面からC2方面への道は本線及び一般道をくぐる形になっています。

sDSCN3338.jpg

C2自体も面白い形だと思います。

sDSCN3340.jpg

夢の島(江東区)へ渡り、地下鉄車両基地の裏手にあるこじんまりしたサイクリングロードへ。
なかなか綺麗に整備されている割には人は少なめでちょっともったいない感じがしますね。


ひとまず、フォークスタンドの出来栄えは確認できたので、次はもう少し足を伸ばしたいところですね。



26
Category: なんの変哲も無い日記   Tags: ---

シビックに自転車を積もうと思い立ったので

シビックに自転車を積もうと考えると、

DSC_0261_20120520234019.jpg

こうなるのが常でしたが、

どうしても2台載せたいので、立てた状態で積めないか考えてみました。

・・・。





sDSC_0287.jpg

いきなり載っていますが、

前後ホイール、サドルを外せばフレームサイズがデカイロードバイクもなんとかなりました。
写真のフレームでシートチューブがC-Tで550mm(実測)です。

奥側は後述する自前のスタンド(?)、手前に見えるのはタワーバーですw

sDSC_0282.jpg

タワーバーには水道管に巻く凍結防止パッドを被せ、
フレームの傷防止とチェーンの油汚れがタワーバーに付着しないようにしてあります。

sDSC_0284.jpg

前に回ると、運転席のすぐ後ろまでフレームが迫っておりますw
干渉は無いですが、万一の事故の事を考えると微妙ですかね。

sDSC_0285.jpg

フロントフォークの固定はこんな感じに。
模造紙の芯(拾い物)にスタイロフォーム(拾い物)でかさ上げしつつ塩ビパイプ(拾い物)を取り付けてあります。
塩ビパイプはフォークのエンド幅に合わせてカットしています。
取り付け、と言っても試作なのでビニテ巻ですが、これでも十分な気がします。

全ネジの両側から蝶ナットで締めてフォークを挟んで固定するつもりが、
ネジの太さを間違えて固定できていないのはご愛嬌(滅


sDSC_0283.jpg

この状態で右半分だけしか使っていないので、2台積載もなんとかなりそうです。
ホイール2セットを別に積むので固定を考える必要はありますね。

もうひとつ問題があるとすれば、

sDSC_0281_20120526150448.jpg

リアタワーバー天面⇔ハッチゲート上部間寸法(ピンク)より、
チャリンコのチェーンリング⇔フレーム上面寸法(みどり)の方が100mm程大きいので、
積み込むときにはフレームを横に傾ける必要があることでしょうか。
従って、フレームサイズが大きいフレームを2台積むのは厳しそうです。
こればかりは全高が低いシビックなので仕方ないですね。
幸い(?)もう一台積むであろう相方のエスケープAIRはXXS(370mm)なので、問題は無いでしょう。


というわけで、

DSC_0288.jpg

拾い物で構成された試作品を経て、ちゃんとしたのを作りましたw

・2×4材(38×89×1820mm) 248円
・M8長ネジ 73円
・M8蝶ナット 24円×4個 96円
・M8ワッシャー 4円×4個 16円
・M4×16トラスタッピング 100円
・塩ビパイプ 拾い物

計 533円

次回はコレを車内に固定します(ぉ


21
Category: 自転車   Tags: ---

ギア付きの自転車を手に入れたぞ!

DSC_0261_20120520234019.jpg

DSC_0266.jpg

えぇ、まぁ、ついうっかり。

DSC_0262.jpg

corratec RT CORONES 3 2009年モデルです。
えぇ、中古ですけどw

日本ではあまり馴染みが無い感じがするドイツのメーカー、corratecのエントリーモデルです。
ダイワ精工(現グローブライド)がフレームを輸入し、日本でパーツをアセンブルしているようです。

DSC_0264.jpg

完成車はSORA、Tiagra、105の3グレード展開のようでしたが、中間のTiagraコンポ仕様です。
現行Tiagraは10S化されましたが、こちらは先代の9Sモデルです。

ホイールはフルクラムのRacing7に交換されています。

DSC_0265.jpg


ホンダツインカム杉戸の目の前で我慢しきれずにお店を広げてしまいましたが、

いそいそと帰宅し、部品の移植などなど。

DSC_0269.jpg


DSCN3280.jpg

タイヤ、サドル、コラムスペーサーの交換とポジション調整のため、ステムを裏返してハンドル位置を下げました。
ハンドルバーはシングルギアバイクから取り外したものと入れ替える予定です。

DSCN3282.jpg

ネットあさひでバーテープやらは注文中なので、仕上げはまた来週末ですかね。


実は相方もクロスバイクを買いました。

GIANTのエスケープR3狙いで二子玉川のジャイアントストア(GIANT直営店)に行ってきました。

2m2lk.jpg

試乗車の用意があり、裏手の多摩川河川敷で試乗が可能でした。
何故か私も一緒にエスケープを借りております←
結局、1万円高くなるものの2kg弱軽量(!)なエスケープAIRにしていました。
軽さ以上にツヤ消し白のフレームが気に入ったようです。
こちらはメーカー取り寄せという事で、10日前後かかるそうです。
女性向けモデルではないので、小さいフレームサイズの在庫はあまり置かないのかもしれません。


そういえば、

DSC_0268.jpg

シビックの代わりにライフが現れましたw

知らないうちにシビックのリアゲートに傷が入っていて、板金に出しています。
今週中には戻ってくる予定です。

痛い出費だなぁー・・・。


17
Category: なんの変哲も無い日記   Tags: ---

先週末。

そういえば、先日の日曜日はあっちの方をぷらついておりました。

sDSCN3265.jpg

毎月恒例デルソル城山オフ。

写真撮り忘れたことに帰り際に気が付いて慌てて撮影したので、こんな【VIP止め】に。
なんかすいません。

カーボンボンネットが付いている方がごーちゃんさん、
コアサポートがきれいな方があおさんです。

そして気が付けばこんなところに。

sDSCN3269.jpg

いかにもアレ気なくるまなので、
周りの景色とアンマッチなのは仕様です。

ごーちゃん氏リクエストでお昼はほうとうを頂きました。

sDSCN3268.jpg

豚肉ほうとう。

sDSCN3266.jpg

ミニいくら丼セット。


昼食後は籠坂みちを越えふじあざみラインで富士山の新五合目に。
先月末から冬季閉鎖が解除されましたが、
五合目付近まで上がると路肩には雪が散見されました。

が、

そんなことより前が見えません。

sDSCN3271.jpg

ちなみに、ごーちゃん氏はこれのせいで風邪をひいたとかそうでもないとか・・・。


ふもとまで戻り、富士スピードウェイ脇から県道で山中湖側へ抜け、道志みち経由で帰ってきました。
ゴールデンウィーク翌週の割りには車の台数が多い印象でしたかね。

とはいえ、

ふじあざみラインと宮ヶ瀬湖の北岸はのびのびと走れたので中々良い週末でしたかね。



06
Category: トゥデイ   Tags: ---

トゥデイのドラシャ交換

sDSCN3251.jpg

今日は普段より満月が大きく見える日、ということでパシャリ。
自宅の庭からでも、オートモードしかないコンデジでも一応撮れました。
外に出たところ、夜のはずなのに異様なほどの明るさ(ちょっと大げさ?)でビックリしました。


さて、いつぞやの衝撃の

もとい、


_IMG6114.jpg

笑撃
サーキット走行直前より異音が出ていたトゥデイのドラシャですが、
今更ながら交換いたしました。リビルト品ですけど。

DSC_0222.jpg

今回はホンダツインカム横浜にて作業をお願いいたしました。
トゥデイ専門店なので安心ですね(違

リビルト品を注文したので、作業はあっという間に終了し、

DSC_0224.jpg

この通り、新品同様の輝きにw

ドラシャよりジャッキポイントの朽ち具合の方が危険な香りを漂わせていますw

外したドラシャを見せてもらいましたが、
右アウトボード側はジョイントのゴリゴリ感がかなりあり、そろそろ固着しそうな雰囲気を醸し出していました。
ノンターボ軽程度の出力でもドラシャって痛むものなんですねw

ひとまず要修理な部分は当面無さそうなので、今年はもう1回くらいサーキットでも行ってみましょうかね(ぉ



以下、

昨日の貼り忘れ写真群。

DSC_0335.jpg

DSC_0140_20120506021107.jpg

DSC_0203.jpg

DSC_0009.jpg

DSC_0083.jpg

DSC_0023_20120506100722.jpg

DSC_0925.jpg

DSC_0061.jpg

DSC_0937.jpg

DSC_0695.jpg

DSC_0061 (2)

DSC_0027.jpg

DSC_0806.jpg

DSC_0872_20120506021245.jpg

DSC_0096.jpg

自分の好みの車が走ってきた時だけ撮影しているので、
前後パイプフレーム化で不恰好になったJAF-GT車両、特にGT500クラス車両には
あまりカメラを向けていないようですね。

個人的には市販車の面影を色濃く残すFIA-GT車両の方がカッコいいかなと思います。

JAF-GT車両が余りにも不恰好になってしまったことが
最近スーパーGTを観に行っていなかった理由のひとつでしたが、
今年はFIA-GT3規定の車種が増えたので、カメラを向けるのが楽しくなりそうです。


05
Category: なんの変哲も無い日記   Tags: ---

スーパーGT観戦など

(おそらく)6年ぶりに行ってきました。

ココ最近は"市販車ベース"のハコ車レースと言いつつ、
市販車の面影などどこにも無い、若しくは市販車でさえない車両ばかりだったので
なかなか見に行く気が起きなかったのですが、チケットを拾ったので(?)行ってきました。

今回もカメラマン(カメラを貸してくれる人の意)である父親を召還しました。

hg4vt.jpg

1日中これを持ってサーキットを歩き回るのはキチガイだと思います。はい。

今回は時間を読み間違えてしまい、サーキット到着は10時過ぎでした。
サーキット内は既に満車となっていたため、東ゲート前の駐車場に。
歩く事にはなりましたが、結果として帰るときは速かったのでそれはそれでアリかなとは思います。

グランドスタンドに着いたときにはちょうどピットウォークの最中でした。

3mrko.jpg

グランドスタンドからピット内を撮影する変なオッサンが約一名・・・。



決勝スタートは14時でしたが、ちょうどフォーメーションラップが始まる頃に雨が降り始めました。
どうやらSC先導のままスタートが切られるようでしたが、GT500では#36のトムススープラがただ一台ピットインし
インターミディエイトタイヤへ履き替え隊列の最後尾に戻ったようでした。

もう一周するころにはより雨脚が強まり、GT500はARTA HSVを除いて全車がタイヤ交換を行い、
その周でセーフティーカーがピットへ戻り、本格的にスタートが切られました。
ピットインで500と300が入り混じった状態になり、
見たままの順位ではあるものの、順位がよく分からないままのスタートでしたw

唯一タイヤ交換をせずトップからスタートしたARTA HSVは1コーナーでトムスに抜かれあっという間に後退、
翌周には接触でリタイヤとなったようです。

sDSC_0373.jpg

よって、撮った写真は決勝前のウォームアップで撮った1枚のみ。
また次戦以降に期待ですね。


以下、適当に写真群。
今回も借り物NikonD300 + F4 300mm です。
一部写真はトリミングしております。

sDSC_0190.jpg

GT300クラス優勝は昨年度チャンピオンの#0GSR初音ミクBMWでした。
圧倒的に優勢というわけではないものの、戦略と天候で上位に出てきたようです。
500クラスとの接触スピンがあったものの、そこからの逆転だったようです。


sDSC_0326.jpg

2位は#2エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電。
予選は下位だったと思いますが、SC中のピットインで上位に進出したようです。
ドライバーの高橋選手は今年で59歳だそうですが、
スプリント色が強いGTでこれだけ強いというのは驚きですね。


DSC_0012.jpg

3位には#66triple a vantage GT3。
「とりぷるえー・ばーてーじ・アストンマーチン」って言っても分からないけど、
『【でちゃう】って書いてあるヤツ』と言えば通じる位インパクトがあるカラーリングですw
GT3仕様は今回がデビュー戦だそうですが、相当速いようですね。


sDSC_0103.jpg

4位は#43ARTA ガライヤ。
速かった記憶は無いけど、気が付けば上位に居る強さは相変わらずのようです。
いつの間にはドライバーが変わってたんですね。


sDSC_0358.jpg

5位には開幕戦優勝の#11GAINER DIXCEL R8 LMS。
昨年速さを見せたフェラーリ458からアウディR8 LMS Ultraにスイッチしたものの、
相変わらずの速さを見せ付けていますね。
ポイントランキングは2位堅持ということで、今年もチャンピオン争いの中心になりそうです。


sDSC_0275.jpg

前日の公式練習中にクラッシュした#4BMWはカーボン地のバンパー&ボンネットに
スタッフ(?)の寄せ書き&イラスト(!)と言う状態での出走でした。
スタッフの温かみを感じますが、開幕前にもクラッシュさせてる番場選手は失業の危機だとかそうでもないとか・・・w


sDSC_0402.jpg

期待の新車BRZは今回は9位完走でした。
昨年度のB4はシーズン終盤に速さを見せていただけに期待ですね。


sDSC_0281.jpg

昨年度は度々上位に進出していたイカ娘フェラーリはなかなか厳しい状況のようです。
相変わらず目立ってはいますw



決勝スタート時はAコーナー外側、フェンスの切れ目から撮影していました。

sDSC_0489.jpg
ちょっと立つ位置を変えれば進入側から立ち上がりまで撮影できそうですが、
300mmだとちょっと遠いです。

sDSC_0839.jpg

ただドライバーと同じ目線で撮れるのは良いのかなと思います。
ちなみにこの写真はトリミングしています。

sDSC_0893.jpg

sDSC_0416.jpg

今回もしっかりポールを撮影しております(滅

sDSC_0013_20120505141339.jpg

S耐と違い、パドックフリーではないので100R側からヘアピン方面へ。
ヘアピン入り口側の上方より撮影しました。

sDSC_0021.jpg

sDSC_0045.jpg

sDSC_0988.jpg


プリウスのような何かも結構速いようです。

sDSC_0078_20120505141336.jpg

ホンダのHSVは音がいいですね。
流石フォーミュラニッポンのエンジンだなと。

sDSC_0114.jpg

sDSC_0116.jpg

sDSC_0140.jpg

sDSC_0125.jpg

sDSC_0208.jpg

ヘアピンからネッツコーナー立ち上がり側へ移動しました。
ここはフェンスの上から狙えるので人がかなり多いです。

sDSC_0206.jpg

sDSC_0198.jpg

sDSC_0295.jpg

sDSC_0256.jpg

sDSC_0247.jpg


sDSC_0236.jpg


sDSC_0210.jpg


ネッツコーナーからBコーナーイン側へ下りました。
ここもフェンス上から狙えますが、脚立が欲しくなります。
フェンスを気にしなくていい装備であれば下段からも撮影できそうです。

sDSC_0342.jpg

右手を向けば立ち上がり側も撮れました。
加速していくので追うのが大変ですw

sDSC_0309.jpg





DSCN3235.jpg

帰りは混雑を避けるために東ゲートそばの県道から山中湖方面へ抜け、
道志みち沿いにある紅椿の湯に立ち寄ってから帰ってきました。
この雲の様子で天気が二転三転したことを感じ取っていただければと思いますw

sDSCN3239.jpg

今回のアシ車、シビックフェリオ。
3人乗車+カメラ機材満載で17km/Lくらい走ってました。
なかなか優秀なようですが、やっぱりクラッチのジャダーは気になりますw


夏にまた富士でシリーズ戦がありますが、暑いからどうしますかねぇ・・・w


04
Category: EK9   Tags: ---

前足交換

DSC_0201.jpg

ポテンザストリート改ショックを拾ってしまったので(滅

もうちょっと小銭ができたら車高調かSPOONの黄色い純正形状ダンパーを入れたいとは思ってるのですが、
ヌケかけた純正に耐え切れなくなりまして。

DSC_0204.jpg

純正と比較するとショートケースになってます。
組み付け時に楽になります(ぉ

バネをそのまま使うとプリロードかかりまくりになるので2巻カットしました(滅

力尽きたのでまだフロントしか換えてませんが、
ちょっと乗った感じでは乗り心地はこっちの方がいいのかなと思います。
forストリートというだけあって街乗り用ってことでしょうね。



さて、明日4日は富士に行ってスーパーGTを観ようと思います。

DSC_0210.jpg

トゥデイのワイパーも心なしかGT風味です(違

3月のS耐の時はレンタカーでしたが、今回は父方の祖父から車を借りてきました。

DSC_0211.jpg

DSC_0213.jpg

一見同じ車ですが、ドアが4枚になっております。

EU/ESシビックが出る前の年に買ってワンオーナー2万キロです。
病院に行く足にしか使っていないようです。

ずっとViだと思い込んでいたのですが、

DSC_0212.jpg

よく見てみればタイヤは13インチ、側面のモールが黒色、ミラーはボディ色なので、Miでした。
この当時はモデル末期で特別仕様車が乱発されていたはずですが、カタログモデルのMiのようです。

EK3フェリオのグレード構成はML,Mi,Vi,Vi-RSの4つで
ML,MiはVTEC無しのD15B、Vi,Vi-RSは3stageVTEC付きのD15Bエンジンとなるそうです。

MLはコンベンショナルなトルコンATなのに対し、MiはViと同じアホンダマルチマチックが組み合わされます。

このマルチマチックがなかなかの曲者で、一般的なATと違い湿式多板クラッチを持つため、
ミート時にジャダーが出ることで有名です。

この個体も漏れることなく、発進時に割りと大きめにジャダーが発生します。
ミートポイントの強制学習もさせてみましたが、
今更そんなものが効果を発揮するはずもありませんでしたw

とはいえCVT特有のすべり感はあまり無く、発進してしまえば案外普通に走ってくれます。

タイヤは13インチとプアですが、
箱がしっかりしてるので、ロールしながらもしっかり走ってくれます。

やはり、タイプRだから良いわけではなく、元々の車の造りが良かったんだなぁと思った次第です。

と言いつつ、

DSC_0216.jpg

シートはやっぱり気に入らないのでウチに転がってたRECAROにしておきました。
どう考えても渋滞にはまるので、長時間乗ることになりますし・・・。



1
2
3
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
22
23
24
25
27
30
31

top bottom