散財サラリーマンろくすけと趣味車の日常


"トゥデイ" posts

16
Category: トゥデイ   Tags: ---

トゥデイ売却前夜

いよいよ明日、次のオーナーへ引渡しとなります。

DSC03665.jpg

大学1年の頃からずっと適当に大切に乗ってきた車なのでやはり寂しいですね。

DSC03667.jpg

譲ってもらったときは3.3万キロ、今は8.7万キロです。
7年間で5.4万キロ・・・母がメインで使っていたこともあり、そんなに伸びてはいませんね。

DSC03672.jpg

特別スポーティに仕立てられた車ではないものの、
旧規格の軽ゆえに690kgと最近の車と比べると軽量で楽しく走れる車でした。

こんな車に乗ってしまったせいで、
どんな車に乗ってもモッサリ感があるように感じてしまって困ってます。

DSC03669.jpg

リアゲートが凹んでますが、気にしてはいけません(滅

DSC03668.jpg

トゥデイの魅力のひとつは室内空間です。
イマドキの箱モノと比べれば狭いのは当然ですが、
ホイールハウスの張り出しが小さいため、ペダルレイアウトが自然なのです。

同年代の軽四はペダルが全体的にセンタートンネル側に寄っているのが当然でしたが、
トゥデイは普通車から乗り換えても違和感がありません。



7年間でいろいろなところに行った気がしますが、よく覚えてませんね(滅

第三京浜でデスビが壊れて本線上で止まったことと、
EK9を買いに行く時に豊橋まで往復550km走ってもらったことが印象的です。

071117-064611.jpg071201-132028.jpg
DSC00145.jpgDSCN4857.jpg
IMG_0721.jpg





DSC03680.jpg









いつか機会があればまた乗りたいですね。

って言っても職場の乗るので、姿を見ようと思えばいつでも見られるんですけどね(滅






譲渡前最後の体力測定(滅
たぶん0→100は16秒台です。



サーキットで某ヴィヴィオ(MT+S/C)に負けたのが唯一心残りです(滅






あぁ、EK9の一時抹消もしないとナァ(((

スポンサーサイト


11
Category: トゥデイ   Tags: ---

トゥデイに自作フットレスト取り付け

いつぞやに適当に作ったフットレストを取り付けていましたが、

DSCN4131.jpg

見た目もアレだし、角度も合ってないので作り直すことにしました。



sIMG_0280.jpg

市販の後付けフットレストを表面に貼り付けられるような・・・

sIMG_0281.jpg

こんな箱っぽいものを作ることにしました。

ダンボールを切っては踏みつけ形状を決め、適当な板を切った貼ったしたのがこちらになります(

sIMG_0288.jpg

裏面は適当です・・・。
ハンドリベッターがあればパチッと付けたい所ですが、
以前壊してしまったもので・・・。

sIMG_0290.jpg


ステーをねじねじしつつ、車に取り付ければ完成です。

sIMG_0291.jpg

センタートンネルの辺りにM6のボルトを使ってるので、
そこで共締めにしてしまいました。

フロアカーペットの厚みを考慮せずに作ってしまいましたが、
思いのほかしっかり付いてしまったので、ひとまず良しとしたいと思います。




お約束ですが、
ペダルカバー等のこういった加工は事故に繋がる可能性もありますので、
自己責任にてお願いいたします。
MT車だとクラッチがあるので、スペース的に付かない気もしますしw


04
Category: トゥデイ   Tags: ---

トゥデイのシート位置をなんとかするはなし。

前々から気にはしてたんですが、
トゥデイのシートセンターがずれてるって事でなんとかしてみました。

DSCN4998.jpg

シートを助手席側に15mm移動します。

底止めタイプなので、右側は穴を開けなおすだけですが、
左は板っきれから飛び出してしまうので、板を延長しなければなりません。

DSCN4999.jpg

こんな感じの低頭ねじとフランジナット、自作ステーを使いまして・・・

DSCN5002.jpg

こんな感じに。

シートベルトのバックルが干渉するのでワッシャーを入れて少し助手席側に寄せました。

15mm移動してちょうどステアリングのセンターと合った感じですかね。
ペダルも踏みやすくなりました。


15mm移動しましたが、サイドブレーキのレバーとのクリアランスはギリギリです。
同じレカロでもLX系のシートだと腿のサポート幅が広いので、動かせないかもしれません。

まぁ、この辺は自己責任で・・・。



ちなみに、

DSCN5000.jpg

ステーはEKのレールをぶった切って製作しました(滅

これはこれでセパレートタイプのレールとして使います。

レカロのレールにしたんですが、どんなに頑張ってもセンターが出ないので戻します・・・。




そういえば、

DSC_4196.jpg

DSC_4198.jpg

シビックはどっかの店においてきました。

何かやってるらしいです。


シビックをおいてきたら、

DSCN5013.jpg

トゥデイが増えました。

DSCN5009.jpg

DSCN5011.jpg

なんだか、ウチの車庫がものすごーく広く見えますね。



DSCN1662.jpg

縦列にすれば2台置ける車庫ではありますが。



DSCN5012.jpg

こんな注記に時代を感じますね。



週末辺りまではシビックに代わりJA2トダイが活躍するわけでもなく、シビック同様月極Pに放置されるようです。



20
Category: トゥデイ   Tags: ---

たでーのサスペンション交換(3年半ぶり2度目)

DSCN4834.jpg DSC_4110.jpg

なんか勢い余って注文してしまいました。

左の黄色いビルシュタイン カバヤ カヤバ LowferSportsから

BLADEのTYPE-KRって車高調にしました。

税込み8万円也。



ストラットと車軸式のサス交換なら、朝飯前ならぬ晩飯後で十分なので早速作業開始(金曜夜)。

DSCN4833.jpg

フロントのショックが外れたら終わったも同然です。
車高調のほうが短いから取り付けは簡単ですからね。
純正ショックは長いので抜くのがちょっと大変です。





DSCN4835.jpg

『終わったも同然』とか言って余裕ぶっていたら、ロアケースが中々入らず分解するお始末・・・。



DSC_4112.jpg DSC_4111.jpg

後ろは内装が外れたら終わったも同然です(何

左側はラテラルロッドの付け根と燃料タンクがあるのでちょっとやりづらいですかね。



はい完成。

DSCN4837.jpg

試走はまだ雪が残り気味な宮ヶ瀬まで。


DSCN4839.jpg

DSCN4840.jpg

DSCN4842.jpg

DSCN4844.jpg

車高はだいたい水平になるように合わせました。
あまり下げすぎてもお下品になりそうなので、適当な高さにて(

以前のダウンサスはライフ用だったこともあり、後ろ上がりな感があったので、
走りもずいぶん変わりそうですね。

130120_1958.jpg

うっすら見えているのが前の状態です・・・。わかりづらいですが。


DSCN4845.jpg

リア側の減衰調整ノブの辺りは内装をカットしました。
ほとんど見えないので、気になりませんね。




今回、車高調を導入したもうひとつの目的がこちら。

DSCN4849.jpg

調整式のアッパーマウントです。


以前の足はバネが柔らかかった事もあり、ロールが大きめでしたが、
このときに路面に対してポジになるようで、フロントが逃げるような感じがありました。

安全のためにわざとそうしているのかもしれませんが。

キャンバーが付いてればフィーリング的にもかなり良くなる予感がしていたので、今回の導入に至ったわけです。


DSCN4848.jpg

何度か測ってませんが(!)、とりあえずこんなもんに。

来週末にでもちゃんと測って調整してみようと思います。


現状、かなり踏ん張るようになりまして、まるで別の車のようですw



これは来月の富士ショートが楽しみですな・・・w



18
Category: トゥデイ   Tags: ---

トゥデイのステアリング交換

DSCN3989.jpg

シビックから取り外したナルディのステアリングをトゥデイに取り付けました。

回し辛かったカーボン調レザーの謎ステアリングからの交換なので、
見違えるようですねw

ちょっと外径が大きくなりましたが、これくらいの方がゆっくり動かせるのでいいのかなと思います。



そういえば、この間貼り忘れてた本庄の車載でも。
最終手前のラインを変えた後の車載です。



ハーフスピン後、最終のブレーキングで横Gを残さないように
S字2個目を小回りするように赤線のラインに変えました。

JA4line.png

足が柔らかいため強めのブレーキングではリアがふらつきがちです。
まっすぐ止めるだけなら妙な動きは出にくいので、赤線のラインの方が走らせやすいですね。

120918_0029.png

タイム差は0.3秒くらいで最終手前の車速にも差が出ますが、
スピンするよりはマシだということにしますかね(


見る限り、遅いのは3つ目のヘアピンのせいみたいですし(滅




1
3
4
5
6
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30

top bottom